操体関連年表

資料提供:茂貫雅嵩 -「操体法の実際」「静かな呼吸操体」著者

注:資料原本の内容を要約しております。

1921 年( 大正10年) 橋本敬三・新潟医専卒、東北帝大(藤田教室)。
1926年(大正15年) 函館民間病院勤務(四ヶ月勤務.年末に病院倒産)。
1927年(昭和2年) 橋本敬三・初代学校衛生技官となる。
ゴニオメーターGoniometerに子供を立たせて傾倒角度を、カーボン紙で足圧測定した。
1929年(昭和4年) 技官を辞め、友人が院長を勤める社団法人、慈恵院{現函館中央病院)を手伝う。この頃から、民間療法をあさりだし、正體術に出会う。
1933年(昭和8年) 薬局が開設してやめていた診療所をかりて橋本敬三診療所を開業。
投薬は主に漢方を用いた。毛鍼の名人から鍼を習い、後日習得する。
1937年(昭和12年) 健康と疾病の可逆性などの概要がわかったので、春終わる頃から、早朝に書きして、7月に書き終わる。8月赤紙。それまで書きためたものを友人の医院長に預けて、「漢方と漢薬」に投稿を依頼し応召。その原稿にバランス測定の記録がある。
1938年(昭和13年) バランス測定、「漢方と漢」に掲載。
1940年(昭和15年) 帰還。函館で再開業。
1941年(昭和16年) 仙台、温古堂診療所開業。
1944年(昭和19年) 再応召。
1948年(昭和23年)
ソ連抑留から引き揚げる。
1967年(昭和42年) 橋本敬三・亀井進と均整法に出会う。 
1972年(昭和47年) 当時、操体法はカックン療法、逆モーション脱力法、ボデーパイロット、急速瞬間脱力法などと呼ばれていた。
同年12月 間中善夫(故人、北里大)から実技の写真依頼があり、正月3日に撮影。その一部を「万病を治せる妙療法」に掲載した。
1974年(昭和48年) 5月、小石川医師会館にて講演。農文協の月刊誌原稿依頼。
仙台、太極拳ブーム。
操体療法と名がついた。ところがそう言うと、操体?、体操の印刷間違いではないか、という声が出た。
1975年(昭和50年) 操体療法の勉強会始まる。
1976年(昭和51年)  1月、仙台医師会、橋本先生を囲む会(勉強会)始まる。
3月、仙台医師会、橋本先生を囲む会。NHK千代木、温古堂へ。
5月、農文協に写真を見せる。
6月、NHK,東北地区「今朝の話題」を放映。
9月、NHK、ドキュメンタリーNo224、「温古堂診療室」放映。
1977年(昭和52年) 「万病を治せる妙療法」出版。
10月、 新潟医大講演。柏樹社が同行し録音(「体の設計にミスはない」に成る)。
1978年(昭和53年) 川上研究室研究生、温古堂診療室の 約15,000枚のカルテから、分類可能な
5,000枚ををまとめて卒論にした。

「体の設計にミスはない」出版。
1980年(昭和54年) 3月、 宮教大分析センター、勉強会始まる。
「操体法写真解説集」出版。
「操体法の実際」出版。
1986年(昭和61年) 「誰にもわかる操体法の医学」出版。
1987年(昭和62年) 「生体の歪みを正す」出版。
1993年(平成5年) 1月、橋本敬三逝去。享年96歳

 

(C) AOKI YUYOUIN All Rights Reserved .